土地区画整理法における土地区画整理事業に
関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

l 施行者が、道路法にいう道路の用に供する
土地を、道路管理者の了解を得ることなく
造成した場合でも、当該道路管理者は、施行者に
対して、その造成費用の全部を支払わなければ
ならない。

 

解答×支払う必要はない。

 

2 施行者は、仮換地の指定を行うに当たっては、
従前の宅地について抵当権を有する者に対して、
仮換地について仮にその目的となるべき宅地又は
その部分を指定しなければならない。

 

解答×施行者は、換地処分を行う前において、
土地の区画形質の変更若しくは公共施設の新設
若しくは変更に係る工事のため必要がある場合
又は換地計画に基づき換地処分を行うため必要
がある場合においては、施行地区内の宅地に
ついて仮換地を指定することができる。
この場合において、従前の宅地について地上権、
永小作権、賃借権その他の宅地を使用し、又は
収益することができる権利を有する者が
あるときは、その仮換地について仮にそれらの
権利の目的となるべき宅地又はその部分を
指定しなければならない。
従前の宅地について抵当権を有する者に対して、
仮換地について仮にその目的となるべき宅地又は
その部分を指定する必要はない。

 

3 換地処分があった場合、従前の宅地に存した
未登記及び未申告の借地権は、その公告があった
日が終了した時において消滅し、従前の宅地と
みなされる換地について存続することはない。

 

解答×個人施行者以外の施行者は、未登記及び
未申告の借地権はこれを存しないものとみなして、
換地処分をすることができるが換地が定められた
のであれば、借地権は換地処分の公告があった日
が終了した時において消滅するわけではなく、
換地の上に存続することになる。

 

4 土地区画整理組合が成立した場合において、
施行地区内の宅地について所有権又は借地権を
有する者はすべて組合員となるが、施行地区内の
借家人は組合員とはならない。

 

解答○本肢のとおり。

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら