建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものは
どれか。

 

1 幅員4m未満の道路は、建築物の敷地と道路
との関係において、道路とみなされることはない。

 

解答×幅員4メートル未満の道で、特定行政庁の
指定したものは、建築基準法上の道路とみなす。

 

2 第一種低層住居専用地域内においては、
高さが10mを超える建築物を建築できる場合は
ない。

 

解答×「第1種低層住居専用地域又は
第2種低層住居専用地域内においては、建築物の
高さは、10メートル又は12メートルのうち
当該地域に関する都市計画において定められた
建築物の高さの限度を超えてはならない。」と
される。
つまり高さが10mを超える建築物を建築できる
場合があることになる。
さらに「都市計画において建築物の高さの限度が
10メートルと定められた第1種低層住居専用地域
又は第2種低層住居専用地域内においては、
その敷地内に政令で定める空地を有し、かつ、
その敷地面積が政令で定める規模以上である
建築物であって、特定行政庁が低層住宅に係る
良好な住居の環境を害するおそれがないと
認めるものの高さの限度は、12メートルとする。」
という規定などもある。

 

3 建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合は、
都市計画において定められた数値以下で
ありさえすればよい。

 

解答×前面道路の幅員が12メートル未満であれば、
都市計画において定められた数値と前面道路の
幅員に指定乗数をかけた数値を比較し小さい方の
数値以下でなければならない。

 

4 商業地域内で、かつ、防火地域内にある
耐火建築物については、建築面積の敷地面積に
対する割合の制限を受けない。

 

解答○本肢のとおり。

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法