防火地域又は準防火地域に開する次の記述
のうち、建築基準法の規定によれば、正しいもの
はどれか。

 

1 防火地域内において、延べ面積が
50平方メートルの平屋建の附属建築物で、外壁
及び軒裏が、防火構造のものは、必ず耐火建築物
としなければならない。

 

解答× 防火地域内において、延べ面積が
50平方メートルの平屋建の附属建築物で、外壁
及び軒裏が、防火構造のものは、耐火建築物・
準耐火建築物にする必要がない。

 

2 準防火地域内にある木造建築物の外壁及び
その軒裏で延焼のおそれのある部分は、防火構造
としなければならない。

 

解答○本肢のとおり。

 

3 建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合
においては、その全部について準防火地域内の
建築物に関する規定が適用される。

 

解答×原則、その全部について防火地域内の建築物
に関する規定が適用される。

 

4 防火地域又は準防火地域以外においても、
建築物の高さが15mを超える建築物は、必ず
耐火建築物又は準耐火建築物としなければならない。

 

解答×本肢のような規定はない。

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法