宅建に独学で合格するためには、講座を利用する場合以上に、ご自身でのスケジュール管理というのが重要になってきます。
そこでここでは、非常に簡単にはでありますが宅建に独学で合格するためのスケジュールの立て方について
お話ししてみたいと思います。

  1. 総学習時間を決める。
    宅建試験に合格するために本試験当日までに何時間、勉強するのかを決めます。
    宅建試験、合格に必要な一般的な学習時間は、300時間と言われています。
    この300時間を基準に、ご自身の能力や学習環境等に応じて、自分が合格するために必要な総学習時間を見極めましょう。
  2. 学習可能日数を算定する。
    学習可能日数は、本試験当日までの日数を数え、そこから週一回の予備日と既に勉強を休まざるをえないことが決まっている日を差し引くことによって求めることができます。
    なお、本試験まで特に休みをとるつもりがない方についても、イレギュラーな事情で学習が遅れ場合にもその遅れを取り戻すことができるように予備日を必ず、設けるようにして下さい。
  3. 一日の学習時間を決める。
    総学習時間を学習可能日数で割り戻してやれば一日当たりの学習時間を求めることができます。
    あとは毎日、その学習時間を守り続けるだけでOKです。

なお、スケジュールを立てるにあたっては、たとえば、過去問などで毎日20問づつなどといった具合に学習時間ではなく学習すべき事項の分量で立てるということも考えられますが、あまりお勧めしません。
理由は同じ分量と言っても項目ごとに難易度が大きく異なるため、一日当たりの学習分量をこなすために必要な時間がどうしても大きくばらけてしまうからですね。
もちろん、学習すべき事項の分量でスケジュールを立てる方がしっくりくるという方は、それでも構いませんが、その場合には、なるべく一日あたりの学習時間が大きくばらけてしまうことがないよう、一日当たりの学習分量の方を調整するようにして下さい。