1.説明勉強法とは
自分が学んだことを人に説明すると、そのことによって理解が深まるということがあります。
この効果をを勉強に取り込もうというのが説明勉強法です。
説明するだけという単純な勉強法ではありますが、非常に効果のある方法ですので、是非、試してみて頂きたいと思います。

2.説明勉強法のやり方
勉強した内容を法律を知らない人でも理解できるようにわかりやすく説明します。
理解してもらえない場合には、たとえを使うなどして、理解してもらえるまで説明しましょう。
説明をしている間に自分の頭の中の知識が今まで以上に整理されていくことを感じることができるはずです。
説明をする相手は、誰でも構いませんが、法律のことを全く知らない人に理解してもらうのは、大変ですので、できれば一緒に宅建試験の勉強をしている仲間などがいいと思います。
交代で説明し合えば、お互いの勉強になりますので、友達を誘ってみて下さい。
なお、説明する相手がいない場合には、誰かに説明しているつもりで話をするだけでも、それなりに効果があると思います。

最初の内は少し照れくさいかもしれませんが、やりはじめるとすぐになれますし、気分転換にもなる勉強法ですので是非とも取り入れて頂きたいと思います。