過去問を読む学習が充分に行えたら、いよいよ過去問を「解く」学習に入っていきます。
過去問を「解く。」学習をする際に重要なのは、決して解きっぱなしにならないということです。
各選択肢について正誤判断をする際には、必ず、その根拠を指摘することができるかを確認しながら学習を進めるようにしましょう。
もちろん、間違った選択肢については、今一度、解説とワンセットでしっかりインプットし直さすようにして下さい。

また、過去問を「解く」学習ステップからは、過去問を読む学習ステップの時以上にスピードを意識しながら取り組むことも大切です。
せっかく宅建試験に合格できるだけの知識が身についても、それを本試験で充分に発揮できるだけの問題を解くスピードがなければ宅建試験に合格することはできないからです。
特に文章を読むスピードに自信がない方については、少しでもスピードを上げていけるよう、日頃から努力して下さい。

なお、いったん過去問を「解く。」学習に入った後でも、8割も正解できないぐらいなら、過去問を読む学習に戻る方が良いでしょう。
学習ステップを後戻りするのは気が重いかもしれませんが、結局はその方が早く合格レベルに到達することができますので、勇気を持って過去問を読む学習に戻って下さい。