このステップでは過去問を何度も読み込み、過去問を完全にマスターできているという状態を目指します。
まず、このステップでは過去問を「解く」のではなく、過去問を「読む。」のだという点に注意して下さい。
これは、いきなり過去問を「解く」学習をするより、まずは過去問を「読む。」学習を徹底的に行い、その後に過去問を「解く」学習へと移行していく方がはるかに学習効率が良いためですね。
過去問を見ていると、ついつい解いてみたくなると思いますが、いきなり解こうとしてもまず解けませんし、考えている時間がもったいないので、まずは読むことだけに集中して下さい。

過去問の読み方については、普通に読むのではなく、一問一答式で読み進めていきます。
つまり設例→選択肢1→解説1→選択肢2→解説2→選択肢3→解説3→選択肢4→解説4という順番で読み進めていくわけです。
これも単純にこの方が学習効率が良いからです。

なお、過去問を完全にマスターできている状態というのは各選択肢とそれに対応する解説を全てワンセットで記憶している状態を指します。
(もちろん解説を丸暗記している必要はなく、大まかな内容を指摘できれば結構です。)
各選択肢について○×の判断ができる程度では、過去問を完全にマスターしているとは言えないことに充分、注意して下さい。