宅建に独学で挑戦する場合、その勉強法が合否に大きく影響してきます。
勉強法が間違っていると、どれほど勉強しても合格できないということも起こり得ますのでまずは勉強法についてしっかり確認しておきましょう。
宅建に独学で挑戦する場合の勉強法についての注意事項は以下の3点です。
1.過去問を中心に学習する。
この点については独学であろうと講座を利用する場合であろうと特に変わりはありません。
2.しっかりとした学習スケジュールを立てる。
宅建に独学で挑戦する場合、本試験に向けての学習のペースなどは、全て自分で決めていく必要があります。
準備が間に合わないなどということがないように、しっかりとした学習スケジュールを立てるようにしましょう。
なお、学習スケジュールを立てる時には、学習の遅れを取り戻すことができるよう、予備日を設けることを忘れないようにして下さい。
3. 情報を集めすぎない。
独学者の方は、独学であることに対する不安から必要以上に情報を集めすぎるところがあります。
情報が全くないのも困りますが、情報量が多すぎるのも、勉強法が大きくぶれてしまう原因になり、正直、考えものです。
宅建試験合格への最短距離を走るためにも、情報をとり過ぎて勉強法がぶれてしまうことがないように充分、注意しましょう。
以上、宅建に独学で挑戦する場合の勉強法についてでした。