本当に合格したいと望むなら
勉強しないことについて、もっともらしい
言い訳をするのをやめなければならない。

 

そんな風に自分を許している限り
勉強しなければならないという現実と
向き合うことなど、できるはずがないから。

 

自分に都合の良い言い訳をした回数が
少なかったものから順番に合格していく。

 

試験とはそういうものだ。

 

 

「何度、受けてもダメだったあの人も合格した方法」