〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

松村保誠の宅建試験「最短最速」合格塾
{YEAR}年{MONTH}月{DAY}日号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

松村保誠のプロフィールはこちら

http://www.takken-get.net/profile.html

松村保誠のブログはこちら
http://ameblo.jp/naniwatakken

宅建最短合格音声講座
http://takken-get.net/

宅建最短合格音声講座2012
http://www.takken-get.net/3onseikouza

宅建過去問強制インストール
http://www.takken-get.net/kinstall0

───────────────────────────────

おはようございます、松村です。

{MONTH}月{DAY}日の宅建過去問一問一答式をお送りします。

平成19年問6 

不動産の物権変動の対抗要件に関する次の記述
のうち、民法の規定及び判例によれば、誤って
いるものはどれか。
なお、この問において、第三者とはいわゆる
背信的悪意者を含まないものとする。

1 不動産売買契約に基づく所有権移転登記が
なされた後に、売主が当該契約に係る意思表示
を詐欺によるものとして適法に取り消した場合、
売主は、その旨の登記をしなければ、
当該取消後に当該不動産を買主から取得して
所有権移転登記を経た第三者に所有権を対抗
できない。

解答○売主と取消し後の第三者は対抗関係と
される。
取消しによる売主への復帰的物権変動と
第三者への譲渡を二重譲渡の関係と同様に
扱うのである。
よって売主は、詐欺による取消しの登記を
しなければ、取消後の第三者に所有権を対抗
できない。

2 不動産売買契約に基づく所有権移転登記
がなされた後に、売主が当該契約を適法に
解除した場合、売主は、その旨の登記を
しなければ、当該契約の解除後に当該不動産
を買主から取得して所有権移転登記を
経た第三者に所有権を対抗できない。

解答○売主と解除後の第三者は対抗関係と
される。
解除による売主への復帰的物権変動と第三者
への譲渡を二重譲渡の関係と同様に扱うの
である。
よって売主は、解除による所有権移転登記を
しなければ、解除後の第三者に所有権を
対抗できない。

3 甲不動産につき兄と弟が各自2分の1の
共有持分で共同相続した後に、兄が弟に断る
ことなく単独で所有権を相続取得した旨の
登記をした場合、弟は、その共同相続の登記
をしなければ、共同相続後に甲不動産を
兄から取得して所有権移転登記を経た第三者
に自己の持分権を対抗できない。

解答×兄は弟の持分については全くの
無権利者であるから、兄から譲受けた第三者
も弟の持分については無権利者となる。
そして真実の所有者が無権利者に対して
所有権(ここでは持分)を主張するのに登記
は不要である。
よって弟は兄から甲不動産を取得した第三者
に対して登記なくして自己の持分を主張
できる。

4 取得時効の完成により乙不動産の所有権
を適法に取得した者は、その旨を登記
しなければ、時効完成後に乙不動産を
旧所有者から取得して所有権移転登記を経た
第三者に所有権を対抗できない。

解答○正しい。取得時効の完成による所有権
の取得と旧所有者からの所有権の取得を
二重譲渡の場合と同様に扱うのである。

「松村のワンポイントレッスン」

本問の場合、まずは第三者が
「対抗関係に立つ者であるか、否か」を
判断できる必要があります。

・取消し「後」の第三者
・解除「後」の第三者
・取得時効完成「後」の第三者は
いずれも対抗関係に立つ者ということに
なります。

───────────────────────────────

メルマガ解除はこちらより行ってください
{DELURL}

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松村保誠の宅建試験「最短最速」合格塾

発行人・発行責任者:松村保誠

メルマガ運営方針:
宅建学習の習慣化と効率化に役立つコンテンツを
配信することにより、宅建受験生の学習を
サポートします。

発行者連絡先:yasusei71@gmail.com

ブログ:http://ameblo.jp/naniwatakken/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

{YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日