〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

松村保誠の宅建試験「最短最速」合格塾
137号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

松村保誠のプロフィールはこちら

http://takken-get.net/?p=32

松村保誠のブログはこちら
http://ameblo.jp/naniwatakken

宅建最短合格講座
http://takken-get.net/

宅建強制合格コーチング
http://www.takken-get.net/coaching/

宅建最短合格音声講座2014
http://www.takken-get.net/3onseikouza

宅建過去問強制インストール
http://www.takken-get.net/kinstall0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※非常に重要な内容です。ご確認下さい。

『当メルマガは
・宅建試験に短期合格するために必要な情報の提供及び
・宅建試験に短期合格を目指す上で有益な教材やプログラムの
 ご紹介
をすることを目的に運営しています。

ご自身が合格を目指す上でプラスになると思うことは
できるだけ多く取り入れて下さい。

行動があってこそ、はじめて結果が変わります。』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、松村です。

本日もメールをお読み頂きありがとうございます。

先日、私が学習方法の指導をしていた
ある行政書士試験の受験生が
京都からわざわざ合格の報告に
来てくれました。

ご存じの方も多いと思いますが
近年の行政書士試験は司法改革の余波もあり
大変、難しい試験になっています。

難易度で言えば、宅建試験の3倍から5倍程度と
いったところでしょうか。

そんな難関試験に見事、一発合格したのですから
大したものです。

しかし、この彼、
もともと、非常に優秀な人だったという
わけではありません。

というのも実は彼
宅建試験には4回も不合格になっているのです。

私が彼と最初に出会ったのは一昨年の
ある宅建講座でだったのですが
その時の私の彼に対する第一印象は
「随分とくたびれた受験生」
というものでした。
(K君ごめん。)

めちゃくちゃ真面目に勉強しながら
4回も試験に落ちていたのですから
そんな感じにもなってしまいますよね。

その後、私の講義を聴いて
これまでの自分の勉強方法が
あまり正しいものではないことに気付いた
彼は、積極的に私にアドバイスを求め
勉強方法の修正を行います。

その結果、5回目の挑戦でどうにか
宅建試験に合格することができたのです。

彼の合格は私にとっても本当に
うれしいものでした。

そして、それと同時に非常に
ホッとする、できごとでした。

彼のこれまでの苦労を知っていたがために
「絶対に挫折させたくない。」という
気持ちが強くなっていたんでしょうね。

ところが、そんな私の安堵を無視するかのように
合格発表後、しばらくたってから
彼が私のところに
思いがけない依頼を持ち込んできます。

その依頼の内容とは・・・・・・

はい、みなさん、もうおわかりですね。

「次は行政書士試験にチャレンジしたい
ので個人的に指導をお願いしたい。」
というものだったのです。

この依頼を最初に聴いた時は
正直言って、お受けするかどうか
かなり悩みました。

行政書士試験は宅建試験に一発合格するような
優秀な受験生であっても、
その多くが合格できずに
挫折してしまうような試験です。

そんな難関試験に宅建試験に合格するまでに
5年もかかった彼が果たして合格できるのか
私の方でも確信を持てなかったのです。

安請け合いをして、
彼に変な期待を持たせてはいけない
という思いもあって
随分、何度も断ったのですが
結局、彼の熱意に押し切られる形で
その依頼を受けることになりました。

ところが彼は私の心配をよそに
何のつまづきもなく、順調に
行政書士試験の勉強を進めて
いきます。

今から考えれば、おそらく彼は、
宅建試験での合格体験を通じて
「正しい勉強方法の本質」みたいなものを
しっかりと掴むことが
できていたのでしょうね。

そして、その結果
冒頭でもお話ししたとおり
見事、一発合格を果たしたわけです。

彼が自らの身を持って
証明してくれたことの意味は
おわかりいただけますよね。

それは
「勉強方法を正すことができれば
宅建試験に4度も落ちた人でさえ
行政書士試験に一発合格できる。」
ということです。

常に勉強方法の重要さを口にしている
私でさえ
「勉強方法を正すことで
ここまで結果が変わってくる。」
ということを改めて思い知らされました。

しかし、我々はこの事実が同時に指し示す
恐ろしい側面をも見逃してはなりません。

それは
「逆に言えば
勉強方法を間違えば
行政書士試験に一発合格できるような人でも
宅建試験に何度も落ちるということが
ありえる。」
という事実です。

このメルマガの読者であるあなたが
よもや「勉強方法」を軽んじているとは
思いませんが
より確実に合格することを望まれるなら
念には念を押して
今一度、ご自身の「勉強方法」を
確認してみて下さい。

彼の事例からもわかるとおり
「勉強方法での誤り」は
宅建試験合格を目指す者にとって
「致命傷」
になってしまうことは疑いようのない
事実なのですから。

本日のお話はご理解頂けましたか?

わかったという方はこちらをクリック!

http://takken-get.net/3up/

(どれくらい多くの読者の方に本日の内容を
ご理解頂けたかを確認させて頂くための
ものです。ご協力のほどよろしくお願い
致します。)

それでは本日も最後までお読みいただき
誠にありがとうございました。

追伸

実はこの彼、今度はFP試験に挑戦するために
指導を受けたいと申し出てくれています。

私が
「もう自分1人で大丈夫やろ?」と言って
断ろうとしたところ
「いや、大丈夫だと思うんですが
先生と話しないと、なんとなく不安になるので。」
とのこと。

これではただの「お守り」です。(笑)

ご意見・ご質問はこちらまで→

http://mke.y-ml.com/form_if.cgi?type=1&id=situmon

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松村保誠の宅建試験「最短最速」合格塾

発行人・発行責任者:松村保誠

メルマガ運営方針:
宅建学習の習慣化と効率化に役立つコンテンツを
配信することにより、宅建受験生の学習を
サポートします。

発行者連絡先:yasusei71@gmail.com

ブログ:http://ameblo.jp/naniwatakken/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━